» 活動報告

民進党青森県連青年・女性委員会(田中満委員長)は、若者に政治、選挙に関心をもってもらいたいとGW期間中、県内キャラバンを展開した。今夏の参議院議員選挙から18歳に選挙年齢が引き下げられ、初の国政選挙に備えて県内各地街宣活動を行った。田名部匡代代表代行は「誰がやっても同じではない。納得がいかないことに一緒に立ち向かいましょう」と若者の投票の重要性を訴えた。田中委員長は「若者にぜひ投票に行ってほしい。青森県の投票率は全国最下位。汚名を晴らすため我々委員会は頑張る」と投票行動の大切さを呼びかけた。

IMG_7723 IMG_7715

 

 

 

 

民進党青森県連結党大会開催

旧民主党(田名部定男代表)と旧維新の党(升田世喜男代表)が合流した青森県連の結党大会が青森市内で行われた。

初代代表には、田名部定男県議、代表代行は田名部匡代元衆議院議員、副代表は升田世喜男衆議院議員と北紀一県議、幹事長は山内崇元県議が就任した。

党員・サポーター約300人で熱気を帯びた会場は、結党宣言が満場一致で承認され、国政選挙に向けた決起大会へと移行した。党本部からは副代表の神本美恵子参議院議員が応援に駆け付け、更なる支援を訴えた。

 

 

 

平成27年4月9日土曜日 青森市イトーヨーカ堂前で、党本部結党後初の街頭演説を行なった。演説には田名部定男代表、田名部匡代代表代行、山内崇幹事長、一区総支部長升田世喜男衆議院議員、連合青森内村隆志会長らが買い物客でにぎわう市民を前に、TPPを巡る与党対応を厳しく批判。田名部匡代代表代行は「県内で安倍首相の経済政策アベノミクスの恩恵や成果を聞くことはない。県民の声を是非とも国会に届けたい」と訴えた。これからも民進党として県内各地街宣活動をして支持者らに訴えていく。

IMG_7637 IMG_7632
IMG_7645 IMG_7642

 

 

 

 

東奔西走

7月の参院選公認内定を頂いてから、2ヶ月余り、県連代表代行の田名部匡代は、新党結成への理解と更なる支持をお願いする為県内各地で街頭活動やミニ集会を重ねた。

1 IMG_7601 結党後初の県政報告会(田名部代表)出席3/28 6 IMG_7582野辺地党員サポーター集会3/27

 

3 IMG_7560風間浦でミニ集会3/23

 

IMG_7518 - コピー空き地を視ると辻立ち病(駒街道十和田市)3/16
IMG_1152中泊支部設立総会にて3/12 7 IMG_750938市町村目の大鰐で街宣3/9
10 IMG_7503深浦ミニ集会3/8 2 IMG_7500社民・平和労組が推薦証授与3/5
5 IMG_7458連合主催の街宣(青森市)3/4 4 IMG_7385 - コピー東通名物寒立(女)現る!?2/16
8 IMG_7305岡田代表も駆け付け斜陽館(金木)にて街宣2/6 9 DSC_0464津軽初街頭は弘前にて1/1

 

 

平成28年3月27日、今夏予定されている参議院青森県選挙区から出馬予定の田名部匡代県連代表代行は、青森市労働福祉会館にて行われた、社民党県連の定期大会に来賓として出席した。社民党本部の推薦が決定し、三上武志代表から推薦状を頂いたあと、「しっかりと結果を出し、何としても安保法の廃止を実現したい」と訴えた。

IMG_7565 - コピー IMG_7576 - コピー
IMG_7573 IMG_7562

平成28年3月21日、青森市のラ・プラス青い森にて民主党県連田名部定男代表、共産党県委員会畑中孝之委員長、維新の党県総支部升田世喜男代表、社民党県連三上武志代表らが参院選青森県選挙区の対応を協議し、田名部匡代県連代表代行を野党統一候補として一本化することに合意した。

安全保障関連法廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回、消費税増税の先送りなどを選挙公約に盛り込み、定期的に4党協議の場を設けるなど覚書を締結した。

DSC_4674 DSC_0695

政治の流れを変える転換点をつくり、野党結党の大きな核となるべく、民主党と維新の党はともに合流し、新党を結成することを確認しました。合流にあたり、党名案を国民の皆さまから募集します。

党名案の募集はPC・タブレット・スマホ・FAXで。募集要領は下記の通り。

  募集期間:3月4日(金)~6日(日)

PC・タブレット・スマホの応募はこちらから(党本部のサイト)

FAXでの受付 送付先:FAX03・3595・9994

応募に当たっては(1)党名案・党名案のふりがな(2)コメント…なぜこの党名案をご提案いただいたか理由などを100字以内で(3)お名前(4)性別 (5)居住都道府県(6)年代――をご明記ください。

党名検討チームでは、応募いただいた党名案を参考にさせていただき、党名決定の重要な材料にしたいと考えています。たくさんの皆さまのご応募をお待ちいたしております。また、いただきました党名案を使用する場合、ご連絡は致しかねますのでご了解ください。

民主党広報委員会

党本部へのリンクはこちら

平成28年2月27日土曜日、むつ市来さまい館にて、政談演説会を開催した。むつ下北支部長藤森友子の司会で民主党長妻昭代表代行の講演が始まり、参院選青森県選挙区党公認候補の田名部匡代県連代表代行、社民党下北総支部代表の目時睦男市議、連合下北地域協議会の眞壁清事務局長はじめ支持者約150人が出席した。長妻昭代表代行は、「青森から今の政治に歯止めをかける大きな塊を作らなければならない」と野党結集を強調した。青森県連田名部匡代代表代行は安保法案やTPPの政府対応を非難し「一強多弱の安倍政権の暴走を止めなければならない」と支持者らに訴えた。

 IMG_7397  IMG_7390
IMG_7403 IMG_7394

翌日28日 日曜日には弘前市ホテルナクアシティにて県連幹事長山内崇後援会共催で民主党共生社会創造フォーラムin青森を開催し、県内の福祉関係者が約150人出席した。一人ひとりが支え合う共生社会をめざすべく何が必要でどのような理解が必要かを青森大学社会学部社会学科の船木昭夫教授をコーディネーターとして、講師に秋田県藤里町社会福祉協議会会長 菊池まゆみ氏、NPO法人光の岬福祉研究会 太田真氏、NPO法人ワーカーズコープ 高橋弘幸氏をパネリストとしてお招きし地域での取組み等を報告、意見交換した。民主党共生社会創造本部長でもある長妻昭代表代行は教育、雇用の格差が拡大していると指摘。格差是正に取組み、「支えられる側が無理なく支える側にまわる仕組みを作る」と「共生社会」を実現に向けた民主党の取組みを中間報告した。

IMG_7409 IMG_7427
IMG_7436 IMG_7442

民主党青森県連では共生社会にむけた活動に取り組んでおられる皆様と意見交換するフォーラムを弘前市で開催します。地域での共生社会実現につながる取り組みや実践をうかがいながら、長妻昭代表代行と一緒に「共生社会の創造」にむけた政策や市民活動について意見交換し、政策づくりを進めます。

参加ご希望の方は以下の出欠票にご記入の上、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

日 時: 2016228日(日)15:0017:00

場 所: ホテルナクアシティ弘前(青森県弘前市大町1-1-2  TEL:0172-37-0700

内 容: 1. 基調講演及び地域の実践事例報告(60分程度)

        基調講演講師  秋田県藤里町社会福祉協議会 会長 菊池まゆみ氏

     2. 共生社会創造本部「中間とりまとめ」の説明・意見交換(4060分程度)

       コーディネーター  青森大学社会学部社会学科 教授 船木昭夫氏

当日のご参加もお待ちしております。

出欠票はこちら

[問い合わせ先]民主党青森県連事務局Tel017-731-2355 Fax017-731-2356

 

岡田克也代表は6日青森県入りし、参院選青森県選挙区党公認候補の田名部匡代県連代表代行と初めての津軽行脚を行った。最初に弘前市のホテルナクアシティで行われた山内崇県連幹事長の「新春の集い」では「この夏の参院選は、戦後の選挙の中でも最も大事な選挙。初めての全県選挙である、田名部匡代候補を全力で支えて欲しい。」と後援会の皆様に支援をお願いした。

続いて津軽鉄道で移動した金木町での街頭演説・サポーター集会には維新の党升田世喜男衆議院議員も応援に駆け付け「野党結集の重要さ、そして野党候補の一本化」を小雪の中熱く訴えた。慌しい日程を消化し、青森市に戻った岡田克也代表は、最後に維新の党・社民党・連合青森の執行部との交流会に出席し「英断してくれた、最強の候補者、田名部匡代の支援と協力を是非ともお願いしたい。」と挨拶し帰京した。

IMG_7264 IMG_7274
IMG_7301 IMG_7305
IMG_7322 IMG_7327

« 古い記事 新しい記事 »